top of page
  • 執筆者の写真染谷

ドローンの名の由来

ドローンは、『オス蜂』という意味です。


無人航空機の歴史をさかのぼると、1930年代から始まります。


最初に実用化されたのはイギリスで、

無線操縦の無人機DH82B ”Queen Bee”と言われています。


ドローンは、この英国の「女王蜂(Queen Bee)に敬意を表して命名された」

と言われています。

無人航空機は、新しい技術と思われがちですが、

実は100年くらい前からの技術なのです!!( ..)φメモメモ


ではまた!!



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

どうも染谷です。 久々のブログ更新でっす。 すみませんまたサボ・・長期休暇を頂戴しておりました💦💦 突然ですが、 航空法界隈にすごいニュースが飛び込んできました!! 表題の通り、飛行レベル3.5という飛行形態が検討されているようです。 これは、山間部などの人がいる可能性が低い場所であれば、 特別な条件のもとで監視員は配備せずとも、 第三者の上空をモニター越しにドローンを飛行しても良いというもの

表題の通り、 先日、ディズニーリゾート40周年を記念して、ドローンショーがあったようです。 その機体数なんと700機!! 700機ものドローンがぶつかることなく展開し・・・・ とまあ聞くより、見た方が早いでしょう!! というわけで、リンク貼っておきまする!(´っ・ω・)っ ヤフーニュースより! 【ディズニー】ドローンショー公開 “空”に親和性のあるキャラクター描かれる(日テレNEWS) - Yah

bottom of page