top of page
  • 執筆者の写真染谷

ドローンが飛ばせるところ飛ばせないところ その2

前回に続き、今回は重量(機体+バッテリー)が100g以上のドローンについて少々語ります。まず重さの基準ですが100gです(2023年5月現在)

航空法の改正が度々あるので、ちょっと古いネット記事なんかをみると200gとかいてあることも多々ありますので、間違いないように機体の購入と飛行をして下さい。


で、まず飛ばす上で絶対に必要なこと!

それは【機体登録です】

やり方はこれが分かりやすい↓


簡単にいうと、車と同じで登録しなさいよってこと!!


これができて初めて飛ばせま・・・っと言いたいがもう一つ!!大事なこと!!


それは飛ばす地区がDID(人口集中地区)でないかどうかっていうこと!!

DIDの調べ方↓


ここに属してなかったら9割はクリアしたようなもの!


あとは・・・・

人や物に接近しない(30m)

日中飛ばす

自分の目で見えるところで飛ばす

イベントの上空で飛ばさない


これらに注意すれば大丈夫!!

一応もっと細かくいうと↓(参考に)


ちなみに上記以外で飛ばしたい場合は、

訓練及び飛行申請が必要です!!


それは是非、埼北ドローンスクールで!!


ではまた次の機会に!!

(・ω・)ノシ








閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

空飛ぶクルマ量産体制!?

中国のドローンメーカー、億航智能(イーハン)が7日、「空飛ぶクルマ」とも呼ばれる電動垂直離着陸機(eVTOL)の量産許可を中国民用航空局から取得したと発表した。 eVTOLの量産が開始され、 2024年中に観光向けの商用サービスで利用が始まる見通しです。 もう今年から、空飛ぶクルマが実用化されるみたいです! ちなみにお値段は、100元!! 日本円だと2,100万円くらいみたいです! 億はいかないみ

ドローンスクール再始動

2月3月は教習所業務が非常に忙しくなり、ドローンの方になかなか注力出来ない状況なのですが、4月からまたドローンスクールを再開致します。 日程はTOPの方に掲載されておりますので、 是非、ご検討ください!! また、説明会も随時行っておりますので連絡おまちしてます!!

ドローン国家資格学科試験に挑戦!?

今回は、国土交通省からインターネット上にアップされている 無人航空機操縦士の問題をいくつか解いてみました 一応、私もドローン講師のプライドがあるため多少はいけると思い挑戦しました! ちなみに、操縦資格には『1等』>『2等』とあって、 まあ車の運転免許でもある『二種』>『一種』みたいなものですね! ちなみに数問しかありませんが『2等』は、難なく解けましたが、 『1等』の問題は見た瞬間。。。。【!!】

Comments


bottom of page