top of page
  • 執筆者の写真染谷

ドローンが飛ばせるところ飛ばせないところ その1

更新日:2023年6月12日

ドローンを飛ばした――――い!(´っ・ω・)っシュシュシュ


と、思っても飛ばしていいのかいけないのか

どっちなんだい!!!( ˘•ω•˘ )?


ってなりますよね?ならないか?(笑)


まず、重量(本体+バッテリー)が100g未満であれば

おおむね飛ばすことが可能です!

(国会議事堂・首相官邸・皇居周辺・原発付近・防衛施設・空港などを除く)


なのでいわゆるトイドローン(100g未満)は、比較的自由に飛ばすことが可能!!

しかも価格帯は5000円~いけるので敷居は低い!!


但し、他人の土地の上空となると、

土地の所有者や管理者の許可、あとは地方の【条例】にも関わりますが、

その辺りがクリアされれば飛ばせます!!


なのでドローンだからといって急に難しくなるわけではないんですね!

公園で野球をやろうかなって感覚に似てます!

(この公園は野球やって大丈夫かなって確認取りますよね?それと一緒!)



重量が100g以上になると、ちょっと複雑になるので

今日はここまで!!

次回、100g以上の飛ばし方について語ります!!


でゎでゎ!!また!



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

空飛ぶクルマ量産体制!?

中国のドローンメーカー、億航智能(イーハン)が7日、「空飛ぶクルマ」とも呼ばれる電動垂直離着陸機(eVTOL)の量産許可を中国民用航空局から取得したと発表した。 eVTOLの量産が開始され、 2024年中に観光向けの商用サービスで利用が始まる見通しです。 もう今年から、空飛ぶクルマが実用化されるみたいです! ちなみにお値段は、100元!! 日本円だと2,100万円くらいみたいです! 億はいかないみ

ドローンスクール再始動

2月3月は教習所業務が非常に忙しくなり、ドローンの方になかなか注力出来ない状況なのですが、4月からまたドローンスクールを再開致します。 日程はTOPの方に掲載されておりますので、 是非、ご検討ください!! また、説明会も随時行っておりますので連絡おまちしてます!!

ドローン国家資格学科試験に挑戦!?

今回は、国土交通省からインターネット上にアップされている 無人航空機操縦士の問題をいくつか解いてみました 一応、私もドローン講師のプライドがあるため多少はいけると思い挑戦しました! ちなみに、操縦資格には『1等』>『2等』とあって、 まあ車の運転免許でもある『二種』>『一種』みたいなものですね! ちなみに数問しかありませんが『2等』は、難なく解けましたが、 『1等』の問題は見た瞬間。。。。【!!】

Comentários


bottom of page